国内外で役立つスキル|整体師になるには実践して学ぶのがいい|効率よく覚えられる
婦人

整体師になるには実践して学ぶのがいい|効率よく覚えられる

国内外で役立つスキル

女の人

技術を現場で磨く

国家資格の1つ、義肢装具士の資格取得は医療業界での就職・転職に有利に働きかけます。というのも、養成する教育機関の数は大学・専門学校含め数校です。志す者が現段階では少ないものの、医療・介護業界が求める有望資格として注目度が高まっています。人材が少ない分、活躍できる内容です。義肢装具士の教育を大学で受ける場合、学習期間も4年と長い分、基礎知識をしっかり身に付けられる他、義肢装具士以外の資格所得にも取り組む期間が増える利点があります。専門学校での学びは試験対策に十分配慮された短期間での学びが特徴です。義肢装具に用いる材料は技術の進歩で進化し、最新の技術の習得は必要不可欠です。1年の差を埋めるにも、最新技術を専門の製作所で学ぶことがテクニックです。義肢装具士科では最新の設備ではなく、旧式を導入しているケースもあるため、対応するには日々の技術の磨きも必須です。

海外にも広がる有資格

身体の欠損部分の機能を補うのが、義手や義足などで、その装具を1人1人にあわせて製作するスペシャリストが義肢装具士です。回復よりも機能低下防止のための補助装具でもあり、採型・採寸・製作を経て、適合や調整を担うのが特徴です。またリハビリを行うケースもあり、リハビリに特化した資格を取得するなどのW資格は注目されています。日本のキメ細かな技術は海外でも評価され、また、医療技術の先進国である外国で学校を卒業し、義肢装具士の免許を得る者も増加傾向です。義肢装具の歴史や全体の概要を学ぶ中、製作法や機械の操作方法まで専門の教育施設で学ぶことになります。臨床実習も設けられ、製作所や医療施設で実際に製作します。こうした技術は義肢のみならず、様々なモノづくりに活用できます。例えば、歯科・福祉用具メーカーなど、制作力を試すフィールドも現在では国内より海外に幅広く展開されています。