需要が高まる医療の専門職|整体師になるには実践して学ぶのがいい|効率よく覚えられる
婦人

整体師になるには実践して学ぶのがいい|効率よく覚えられる

需要が高まる医療の専門職

学生

将来を考えた学校選び

看護の専門的な資格として看護師がありますが、看護師になるためには指定されている大学や短期大学、専門学校や養成学校を卒業し、看護師国家試験に合格する必要があります。ただし、2年制の養成学校を卒業した場合は、国家資格ではない准看護師資格しか取得できず、正看護師に比べて給料や昇給などの待遇面で不利になる可能性があります。看護師になるためには様々な学校がありますが、4年制大学や3年制の短期大学では専門分野以外にも一般教養や語学など社会人にとって必要な知識も学べるメリットがあります。なるべく早く卒業して働きたい人は、3年制の短期大学や専門学校、2年制の養成学校などで専門分野を集中的に学び卒業することが近道です。

生涯を通して働ける仕事

看護師は病院やクリニックなどの医療機関だけではなく、介護施設や保健センター、教育機関や企業の医務室など様々な場所で必要とされ、幅広く活躍できる仕事です。また、医療の専門職なので結婚や出産で離職した場合でも復職しやすく、求人も多いことから生涯を通して働くことができる仕事です。夜間勤務や休日勤務も多い仕事なので、基本給の他に手当てが付きやすく、安定した収入が得られます。高齢化が進む日本では、今後も訪問介護や様々なケアサービスが増え、ますます看護師の需要は高まると予想されています。また、医療の現場で患者やその家族に寄り添い、治療や心をサポートする看護師は、多くの人に感謝されるやりがいのある仕事です。